エアウィーヴについて

企業理念

「The Quality Sleep」
眠りの世界に品質を

眠りの世界に新しい価値を創造し、常に革新的な製品を生み出すことで「生活インフラ事業」としての使命を果たす。
最高の眠りを提供することを通じて、世界中の人々の豊かな生活を実現する。

データで見るエアウィーヴ

男女比

4:6

平均年齢

39.7

新卒と中途の割合

2:8

従業員数:約800
(直雇用のみ)

福利厚生

  • 社員割引
  • 部内懇親会制度
  • チームビルディング(飲食代一部補助)
  • モニター制度
  • 資格取得支援
  • 観劇・観戦の招待(昨年は浅田真央サンクスツアーなど)
  • 制服貸与(職種による)
  • 特別休暇制度
  • ベネフィットワンポイント制度
  • インセンティブ制度
  • 社会保険加入制度
  • 退職金制度(正社員)
  • 介護休暇制度
  • 育児休暇制度※1
  • 睡眠休暇制度(年間最大5日)※2

取得実績:2019年/5名 2020年/12名 2021年/16名

通常の休暇、有給とは別途支給
睡眠アプリで自身の睡眠を計測すると、ポイントが付与されます。貯まったポイントで、通常とは別に、有給休暇が付与される独自の制度です。自身の健康の管理ができると共に、リフレッシュができます。

開発秘話

2004年に会社を設立し、2007年にBtoC向けのサービスをしたいと思い寝具の開発に取り組んだのですが、最初の頃は品質が安定せず、1年半ぐらいは「作っては改善」と言う作業を繰り返していました。 思うように製品が仕上がらない状況が続きましたが、そんな中でも……Read more>

お客様に届くまで

エアウィーヴでは、生産ラインを安定化させ、質の高い商品をお届けするために、製品のコアとなる独自素材の開発・製造や、お客様の声を聴く販売部門などを全て自社でコントロールしています。

部署紹介

  • 営業本部

    直接お客様の声を聞く重要な役割を担うとともに、認知拡大のためのタッチポイントとなる店舗や施設への新規開拓を行う
    【店舗営業、店舗開発部、営業推進部】

  • 事業戦略本部

    戦略的に事業活動を行うための施策立案や実行管理、ECサイトや海外事業の売上拡大に向けた施策立案や管理・運営を行う
    【営業企画部、情報システム企画部、マーケティング部、海外事業部門】

  • 代表直下

    戦略的にエアウィーヴを広め、より多くの人に質の高い睡眠を提供するための新たな販路の開拓を行う
    (商品開発、ウェルネス事業、ホテル営業 etc.)
    【事業開発部、PR室、内部監査室、社長室】

  • 人事総務本部

    会社を支える「人」の採用や育成、社員が働きやすい環境や制度づくりを行う
    (人材の採用、教育・研修、評価、労務、総務 etc.)
    【人事Gr、総務Gr】

  • 財務経理本部

    経費支出の管理、会社の収益構造を分析し、経営層が適切な判断を行うための定量的情報の提供を行う
    (原価・在庫管理、中期経営計画の策定 etc.)
    【財務管理部、経営管理室、IR室】

  • 生産本部

    商品を設計された通りに、安全、安心な品質で効率よく生産し、より早くお客様のもとへ届ける仕組みづくりを行う
    (生産計画の決定、エアファイバーの製造・管理、予実管理、在庫管理、品質、コスト管理)
    【生産管理部、生産部、品質保証部、知的情報Gr】

求める人物

エアウィーヴでは、今後の事業展開を見据えて会社と共に成長していきたい方を積極的に募集しています。
「エアウィーヴの理念に共感し社会をもっと良くしていきたい」「将来キャリアアップを目指したい」「様々な事に積極的にチャレンジしていきたい」という方が多く活躍されている当社で、ぜひ一緒に「T h e Q u a l i t y S l e e p 」を目指していきませんか。
気になる点がありましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
(募集内容の詳細は各種ページをご確認下さい)

Value

  • 一流にこだわる

    一流に選ばれすべての人々を魅了する、世界最高水準の製品・サービスを提供する

  • ブランド価値の向上

    お客様の期待に応え続けることで信頼を築き、ブランド価値を向上させる

  • 本質を追求

    見た目や感覚に捉われず、常に変化を認識し、進化する姿勢を忘れない

  • 変化への挑戦

    既成概念に捉われず、常に変化を認識し、進化する姿勢を忘れない

  • 迅速な行動

    グローバルな視野と価値観を持ち、常にスピード感を持って行動する

  • 質実さを忘れない

    質素堅実な姿勢を貫き、常に厳しいコスト意識で個々の業務の見直しを実行する